タグ別アーカイブ: C-H activation

Total Synthesis of (±)-Kainic Acid: A Photochemical C–H Carbamoylation Approach

Takuma Kamon, Yayoi Irifune, Tetsuaki Tanaka, and Takehiko Yoshimitsu*

大阪大学の好光健彦らによるカイニン酸の合成。光を用いたC-H結合のカルバモイル化反応を鍵とする。

Published online: 19 April 2011
DOI: 10.1021/ol200772f

Transition metal-catalyzed arylation of unactivated C(sp 3 )–H bonds

Olivier Baudoin*

フランス、クロード・ベルナール・リヨン第1大学のOlivier Baudoinによる遷移金属触媒による不活性型C(sp3)-H結合のアリール化反応の総説。ヘテロ原子指向型C-Hアリール化、分子内の適切な位置にあるアリール-X結合挿入を介したC-Hアリール化反応、及び非指向型C-Hアリール化反応の3部よりなる。

Published online: 20 April 2011
DOI: 10.1039/C1CS15058H

Regio- and stereodivergent antibiotic oxidative carbocyclizations catalysed by Rieske oxygenase-like enzymes

Paulina K. Sydor, Sarah M. Barry, Olanipekun M. Odulate, Francisco, Barona-Gomez † , Stuart W. Haynes † , Christophe Corre, Lijiang Song and Gregory L. Challis*


イギリス、ワーウィック大学のGregory Challisらによる酸化的炭素環化反応を行うRieskeオキシゲナーゼ様酵素の発見。異なる酵素により、環サイズを制御することが可能。最後に、このような酵素の発見が有機合成における新たなC-H activation反応の開発につながると締める。

Published online: 17 April 2011
DOI: 10.1038/nchem.1024

Iron-Facilitated Direct Oxidative C-H Transformation of Allyl Arenes to Alkenyl Aldehydes

Teng Wang, Shi-Kai Xiang, Chong Qin, Jun-An Ma, Li-He Zhang, Ning Jiao*

中国、北京大学のNing JiaoらによるFe触媒を利用したアリルアレーン類のアルデヒドへの酸化反応。FeCl2/DDQの酸化還元反応を利用することでアリル位に水を付加、さらにアルデヒドへと酸化。

Published online: 16 April 2011
DOI: 10.1016/j.tetlet.2011.04.041

Ligand-Promoted C-3 Selective C–H Olefination of Pyridines with Pd Catalysts

Mengchun Ye, Guo-Lin Gao, and Jin-Quan Yu*

アメリカ、スクリプス研究所のJin-Quan YuらによるPd触媒を用いたピリジン類の3位選択的C-Hオレフィン化反応。Pd(OAc)2と1,10-フェナントロリンの組み合わせにより、trans効果を利用してピリジン類のπ電子と錯体を形成。ピリジン類は16当量必要。

Published online: 14 April 2011
DOI: 10.1021/ja2021075

Divergent C–H Functionalizations Directed by Sulfonamide Pharmacophores: Late-Stage Diversification as a Tool for Drug Discovery

Hui-Xiong Dai†, Antonia F. Stepan, Mark S. Plummer, Yang-Hui Zhang†, and Jin-Quan Yu*†

アメリカ、スクリプス研究所のJin-Quan Yuらによるスルフォンアミド指向型C-H官能基化反応。スルフォンアミド基の隣接基関与を利用し、Pd触媒を用いたオルト位選択的官能基化を達成。

Published online: 13 April 2011
DOI: 10.1021/ja201708f

Aerobic Pd-Catalyzed sp3 C−H Olefination: A Route to Both N-Heterocyclic Scaffolds and Alkenes

Kara J. Stowers, Kevin C. Fortner, and Melanie S. Sanford*

アメリカミシガン大学のMelanie SanfordらによるPd触媒を用いたsp3 C-H結合活性化を介した複素環骨格の構築及びアルケンの構築。Pd触媒に対し空気を酸化剤として活性化されていないsp3 C-H結合を切断しアルケンと反応。

Published online: 8 April 2011
DOI: 10.1021/ja2015586