Selective Activation of Enantiotopic C(sp3)−Hydrogen by Means of Chiral Phosphoric Acid: Asymmetric Synthesis of Tetrahydroquinoline Derivatives

Keiji Mori, Kensuke Ehara, Kazuki Kurihara, and Takahiko Akiyama*

学習院大学の秋山隆彦らによるキラルリン酸を用いたテトラヒドロキノン類の不斉合成反応。キラルリン酸によるエナンチオ選択的水素引き抜き反応による不斉誘起。

Published online: 5 April 2011
DOI: 10.1021/ja2014955

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中