Bioactive Compounds from the Scale Insect Pathogenic Fungus Conoideocrella tenuis BCC 18627Bioactive Compounds from the Scale Insect Pathogenic Fungus Conoideocrella tenuis BCC 18627

Masahiko Isaka*, Somporn Palasarn, Sumalee Supothina, Somjit Komwijit, and J. Jennifer Luangsa-ard

タイ国立遺伝学及び生物工学研究所(National Center for Genetic Engineering and Biotechnology (BIOTEC))の伊坂雅彦らによるConoideocrella tenuis BCC 18627からの生理活性物質の単離。抗HIV-1活性や種々の細胞に対する細胞毒性を有する。

Published online: 7 April 2011
DOI: 10.1021/np200106b

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中