19 F MRI detection of β-galactosidase activity for imaging of gene expression

Shin Mizukami, Hisashi Matsushita, Rika Takikawa, Fuminori Sugihara, Masahiro Shirakawa and Kazuya Kikuchi*

大阪大学の菊地和也らによるβ-ガラクトシダーゼ活動の19F MRI検出による遺伝子発現のイメージング。Gd3+の分子内PRE(paramagnetic relaxation enhancement)によるMRIシグナルの消失を鍵としたプローブ設計。

Published online: 7 April 2011
DOI: 10.1039/c1sc00071c

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中