Asymmetric synthesis of (−)-chicanine using a highly regioselective intramolecular Mitsunobu reaction and revision of its absolute configuration

Kenichi Harada, Hiroki Horiuchi, Kazuma Tanabe, Rich G. Carter, Tomoyuki
Esumi, Miwa Kubo, Hideaki Hioki, Yoshiyasu Fukuyama*

徳島文理大学の福山愛保らによる(−)-chicanineの合成。syn-選択的なEvansアルドール反応により不斉点を導入。角田らにより開発されたCMMPを用いた光延反応を鍵とする。

Published online: 7 April 2011
DOI: 10.1016/j.tetlet.2011.03.154

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中