Enantioselective Total Synthesis of (+)-Gliocladine C: Convergent Construction of Cyclotryptamine-Fused Polyoxopiperazines and a General Approach for Preparing Epidithiodioxopiperazines from Trioxopiperazine Precursors

John E. DeLorbe, Salman Y. Jabri, Steven M. Mennen, Larry E. Overman*, and Fang-Li Zhang

アメリカカリフォルニア大学アーバイン校のLarry Overmanらによる第二世代(+)-Gliocladine Cの合成。Gregory FuらのFe触媒を利用した分子内カルボニル基の不斉転位反応を利用して不斉中心を導入。分子間アルドール反応などにより骨格を形成。常法によりエピジチオ架橋部位を構築。

Published online: 7 April 2011
DOI: 10.1021/ja201789v

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中