A Practical and Convenient Fluorination of 1,3-Dicarbonyl Compounds Using Aqueous HF in the Presence of Iodosylbenzene

Tsugio Kitamura*, Satoshi Kuriki, Mohammad Hasan Morshed, and Yuji Hori

佐賀大学の北村二雄らによる1,3-ジカルボニル化合物のフッ素化反応。HF水溶液とPhIOを用いることで系中にPhIF2を発生させフッ素化が進行する。

Published online: 7 April 2011
DOI: 10.1021/ol200632d

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中