Copper-Catalyzed Enantioselective Propargylic Amination of Nonaromatic Propargylic Esters with Amines

Akiko Yoshida, Gaku Hattori, Yoshihiro Miyake, and Yoshiaki Nishibayashi*

東京大学の西林仁昭らによるプロパルギルエステルのエナンチオ選択的なプロパルギルアミノ化。Cu触媒とキラルリガンドを用いてプロパルギルペンタフルオロベンゾエートをアミノ基で置換。途中Cuアレニリデン錯体を経由すると考えられる。

Published online: 7 April 2011
DOI: 10.1021/ol200703g

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中