Dehydrogenative Oxidation of Primary and Secondary Alcohols Catalyzed by a Cp*Ir Complex Having a Functional C,N-Chelate Ligand

Ken-ichi Fujita,*,†,‡ Tetsuya Yoshida,† Yoichiro Imori,† and Ryohei Yamaguchi*,†

京都大学の山口良平及び藤田健一らによるIr触媒を用いた1級及び2級水酸基の酸化反応。C及びNでキレートするリガンドを有するCp*Ir触媒を用いることで、(主にベンジル位)1級水酸基と2級水酸基をそれぞれアルデヒド・ケトンへと酸化。

Published online: 7 April 2011
DOI: 10.1021/ol2005424

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中