A one-pot procedure for methylenating carbonyl compounds using the Nysted reagent and titanocene dichloride

Adam Haahr, Zoran Rankovic, Richard C. Hartley*

イギリスグラスゴー大学のRichard Hartleyらによるカルボニル基のメチレン化反応。Cp2TiCl2とNysted試薬の組み合わせによりチタノセンメチリデンを発生させ、1ポットでカルボニル基と反応。エステルに対する反応ではマイクロウェーブを使用。Tebbe試薬やPetasis試薬の代用として使用可能。

Published online: 9 April 2011
DOI: 10.1016/j.tetlet.2011.04.017

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中