Benzannulated Bicycles by Three-Component Aryne Reactions

Kevin M. Allan, Christopher D. Gilmore and Brian M. Stoltz*

アメリカカリフォルニア工科大学のBrian Stoltzらによるアレーンの三成分反応による二環性骨格の構築。イソシアニドを用いたPasserini様反応をベンザイン類と組み合わせることにより種々の二環性骨格の構築に成功。途中生成する双性イオンのトラップが鍵となる。

Published online: 11 April 2011
DOI: 10.1002/anie.201100911

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中