Fluorenone Synthesis by Palladacycle-Catalyzed Sequential Reactions of 2-Bromobenzaldehydes with Arylboronic Acids

Tao-Ping Liu, Yuan-Xi Liao, Chun-Hui Xing, and Qiao-Sheng Hu*

アメリカニューヨーク私立大学スタテンアイランド校のQiao-Sheng HuらによるPd触媒を利用したフルオレノン類の合成。I型パラダサイクル触媒が温度依存的にPd(II)からPd(0)に変換されることを利用し、アリールボロン酸と2-ブロモベンズアルデヒド類からの変換を達成。

Published online: 11 April 2011
DOI: 10.1021/ol200693d

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中