A More Comprehensive and Highly Practical Solution to Enantioselective Aldehyde Crotylation

Hyunwoo Kim, Stephen Ho, and James L. Leighton*

アメリカコロンビア大学のJames Leightonらによるアルデヒドに対する不斉クロチル化反応。独自の不斉クロチルシランに対し、Sc(OTf)3をルイス酸として加えることで基質汎用性を広げた。混合物として調整したものも利用可能。

Published online: 12 April 2011
DOI: 10.1021/ja200712f

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中