Bioinspired terpene synthesis: a radical approach

José Justicia, Luis Álvarez de Cienfuegos, Araceli G. Campaña, Delia Miguel, Verena Jakoby, Andreas Gansäuer* and Juan M. Cuerva*

ドイツボン大学のAndreas Gansäuer及びスペイングラナダ大学のJuan Cuervaらによるラジカル環化反応を鍵とするテルペン類の生合成仮説に基づく合成の総説。ラジカル開始剤を用いた反応、Mn(OAc)2/Cu(OAc)2 or Yb(OTf)3やCp2TiClを用いた骨格構築をピックアップ。

Published online: 12 April 2011
DOI: 10.1039/C0CS00220H

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中