Divergent C–H Functionalizations Directed by Sulfonamide Pharmacophores: Late-Stage Diversification as a Tool for Drug Discovery

Hui-Xiong Dai†, Antonia F. Stepan, Mark S. Plummer, Yang-Hui Zhang†, and Jin-Quan Yu*†

アメリカ、スクリプス研究所のJin-Quan Yuらによるスルフォンアミド指向型C-H官能基化反応。スルフォンアミド基の隣接基関与を利用し、Pd触媒を用いたオルト位選択的官能基化を達成。

Published online: 13 April 2011
DOI: 10.1021/ja201708f

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中