Synthetic Studies on Lytophilippine A: Synthesis of the Proposed Structure

Ki Po Jang, Soo Young Choi, Young Keun Chung, and Eun Lee*

韓国、ソウル大学のEun Leeらによるlytophilippine Aの提唱構造の不斉全合成。主に糖を不斉源として利用し、Evansアルドール反応やRoushクロチル化反応などで炭素鎖を伸長。テトラヒドロフラン環の構築にはSmI2を用いた還元的分子内環化反応を利用。

Published online: 12 April 2011
DOI: 10.1021/ol2007296

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中