Toward the Racemic Total Synthesis of Hederacines A and B: Construction of an Advanced Tricyclic Intermediate

Miho Yamashita, Tetsuya Yamashita, and Sakae Aoyagi*

東京薬科大学の青柳榮らによるhederacine A及びBの全合成研究。鍵反応として、市川らの手法に基づくアリルシアネートのアリルイソシアネートへの転位反応、エンインメタセシス反応が挙げられる。

Published online: 12 April 2011
DOI: 10.1021/ol2004353

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中