Enantioselective Synthesis of the Tetracyclic Core of Platensimycin

Yohei Ueda, Kayoko Iwahashi, Kazuo Iguchi, Hisanaka Ito*

東京薬科大学の伊藤久央らによるplatensimycinのコア骨格の不斉合成。Stobbe縮合反応、Rh触媒/DuPhosによる不斉還元、Friedel-Crafts反応により二環性骨格を構築。ヨードエーテル化によりテトラヒドロフラン環を、脱芳香環型アルキル化によりシクロペンタン環を構築。

Published online: 15 April 2011
DOI: 10.1055/s-0030-1260002

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中