A Chiral Bidentate sp 2 -N Ligand, Naph-diPIM: Application to CpRu- Catalyzed Asymmetric Dehydrative C-, N-, and O-Allylation

Kengo Miyata, Hironori Kutsuna, Sho Kawakami, and Masato Kitamura*

名古屋大学の北村雅人らによるRu触媒/Naph-diPIMリガンドを用いた不斉脱水的C-、N-、O-アリル化反応。C-アリル化には電子求引基による活性化が必須。

Published online: 15 April 2011
DOI: 10.1002/anie.201100772

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中