A Palladium-Catalyzed Aminoalkynylation Strategy towards Bicyclic Heterocycles: Synthesis of ( +- )-Trachelanthamidine

Stefano Nicolai, Cyril Piemontesi, and Jerome Waser*

スイス、ローザンヌ工科大学のJerome WaserらによるPd触媒を用いたアミノアルキニル化反応。PdCl2とTIPSエチニル化された超原子価ヨウ素試薬を用いることでアミノアルキニル化が進行。その後の変換によりピロリジジン骨格の構築を達成。

Published online: 15 April 2011
DOI: 10.1002/anie.201100718

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中