Exploiting the Facile Release of Trifluoroacetate for the α-Methylenation of the Sterically Hindered Carbonyl Groups on (+)-Sclareolide and (−)-Eburnamonine

Mark V. Riofski,† Jinu P. John,† Mary M. Zheng,‡ Julia Kirshner,‡ and David A. Colby* ,†,§

アメリカ、パードゥー大学のDavid Colbyらによるカルボニル基の二段階αメチレン化反応。トリフルオロアセテートを導入後、ホルムアルデヒドを付加すると分子内反応によりメチレン基へと変換。立体障害が大きな位置でも導入可能。

Published online: 14 April 2011
DOI: 10.1021/jo102114f

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中