Total Synthesis of (−)-Conophylline and (−)-Conophyllidine

Yuki Han-ya, Hidetoshi Tokuyama, and Tohru Fukuyama*

東京大学の福山透らによる(ー)-conophylline及び(ー)-conophyllidineの不斉全合成。2つのフラグメントは福山第1世代ラジカルインドール合成法、DNs基保護されたアミンのMitsunobu反応、分子内Diels-Alder反応によって構築。最後に、Polonovski-Potier反応により2つのフラグメントを連結。

Published online: 15 April 2011
DOI: 10.1002/anie.201100981

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中