Stereocontrol in proline-catalyzed asymmetric amination: a comparative assessment of the role of enamine carboxylic acid and enamine carboxylate

Akhilesh K. Sharma and Raghavan B. Sunoj*

インド、インド工科大学ボンベイ校のRaghavan Sunojらによるプロリン触媒不斉アミノ化の選択性に関するDFT計算による評価。NEt3ではカルボン酸が隣接基関与を起こすのに対し、強塩基存在下ではカルボキシレートとなるため逆の立体選択性が発現。

Published online: 18 April 2011
DOI: 10.1039/C1CC11063B

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中