Active-Site Structure of a β-Hydroxylase in Antibiotic Biosynthesis

Van V. Vu, Thomas M. Makris, John D. Lipscomb*, and Lawrence Que, Jr.*

アメリカ、ミネソタ大学のJohn Lipscomb及び同Lowrence Que Jr.らによるX線吸収測定・共鳴ラマン測定によるCm1Aの活性部位の構造決定。β-ヒドロキシラーゼであるCm1Aはdiiron(III)クラスターからなり、3-4個のHisリガンドを有する。この構造はこれまでに決定された非ヘムdiiron酵素と異なる構造である。

Published online: 20 April 2011
DOI: 10.1021/ja201822v

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中