HCV-NS3/4A Protease Inhibitory Iridoid Glucosides and Dimeric Foliamenthoic Acid Derivatives from Anarrhinum orientale

Riham Salah El Dine†‡, Azza R. Abdel Monem†, Ali M. El-Halawany†‡, Masao Hattori‡, and Essam Abdel-Sattar*†§

エジプト、カイロ大学のEssam Abdel-SattarらによるAnarrhinum orientaleからのイリドイド配糖体及びfoliamenthoic acid二量体誘導体の単離。C型肝炎ウイルス(HCV)に対して中程度の活性を有する。

Published online: 20 April 2011
DOI: 10.1021/np100554h

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中