Isolation and Synthesis of Antiproliferative Eupolauridine Alkaloids of Ambavia gerrardii from the Madagascar Dry Forest

Ende Pan†, Shugeng Cao†, Peggy J. Brodie†, Martin W. Callmander§, Richard Randrianaivo§, Stephan Rakotonandrasana, Etienne Rakotobe, Vincent E. Rasamison, Karen TenDyke, Yongchun Shen, Edward M. Suh, and David G. I. Kingston*†

アメリカ、バージニア工科大学のDavid Kingstonらによるマダガスカル固有植物Ambavia gerrardiiからのアルカロイド類の単離及びその全合成。A2780卵巣癌細胞、H460肺癌細胞に対して増殖抑制効果を有する。

Pulished online: 19 April 2011
DOI: 10.1021/np200093n

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中