Ligand Steric Contours To Understand the Effects of N-Heterocyclic Carbene Ligands on the Reversal of Regioselectivity in Ni-Catalyzed Reductive Couplings of Alkynes and Aldehydes

Peng Liu†, John Montgomery*‡, and K. N. Houk*†

アメリカ、ミシガン大学のJohn Montgomery及びアメリカ、カリフォルニア大学K. N. HoukらによるNi触媒を用いたアルキン-アルデヒドの還元的カップリング反応における選択性の考察。DFT計算により、NHCリガンドの大きさによって選択性発現因子がアルキン-アルデヒド間の立体障害からリガンド-アルキン間の立体障害に変わることを導く。

Published online: 20 April 2011
DOI: 10.1021/ja202007s

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中