Palladium-Catalyzed Cyanomethylation of Aryl Halides through Domino Suzuki Coupling–Isoxazole Fragmentation

Juraj Velcicky,*† Arne Soicke,†‡ Roland Steiner,† and Hans-Günther Schmalz*

スイス、ノバルティスのJuraj Velcicky及びドイツ、ケルン大学のHans-Günther SchmalzらによるPd触媒を用いたハロゲン化アリールのシアノメチレン化反応。4-イソオキザロイルボロン酸を用いることで、鈴木-宮浦カップリング後にイソオキサゾール環のフラグメンテーションが進行する。

Published online: 19 April 2011
DOI: 10.1021/ja201743j

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中