Total Synthesis of Iejimalide B

Qingshou Chen‡§, Dirk Schweitzer‡, John Kane‡, V. Jo Davisson*§, and Paul Helquist*‡

アメリカ、パードゥー大学のV. Jo Davisson及びアメリカ、ノートルダム大学のPaul Helquistらによるlejimalide Bの全合成。入手可能なキラルエステル/ラクトンを原料として不斉合成を達成。鍵反応として、Julia-Kocienskiオレフィン化反応、Heck反応、Marshallプロパルギル化反応、分子内Stilleカップリング反応があげられる。

Published online: 13 April 2011
DOI: 10.1021/jo200514m

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中