Transition metal-catalyzed arylation of unactivated C(sp 3 )–H bonds

Olivier Baudoin*

フランス、クロード・ベルナール・リヨン第1大学のOlivier Baudoinによる遷移金属触媒による不活性型C(sp3)-H結合のアリール化反応の総説。ヘテロ原子指向型C-Hアリール化、分子内の適切な位置にあるアリール-X結合挿入を介したC-Hアリール化反応、及び非指向型C-Hアリール化反応の3部よりなる。

Published online: 20 April 2011
DOI: 10.1039/C1CS15058H

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中