Highly Regioselective Amination of Unactivated Alkanes by Hypervalent Sulfonylimino-λ3-Bromane

Masahito Ochiai, 1 * Kazunori Miyamoto, 1 Takao Kaneaki, 1 Satoko Hayashi, 2 Waro Nakanishi 2 *

徳島大学の落合正仁及び和歌山大学の中西和郎らによる非活性化アルカンに対する超原子価スルフォニルイミノ-λ3-臭素を用いた位置選択的アミノ化反応。種々のアルカンに対し1級C-H結合は反応に関与せず、主に3級C-H結合選択的に反応する。速度定数の測定、負の活性化エントロピーを有すること、D化実験及び理論計算により、本反応の遷移状態は基質の2分子が関与し、非金属存在下における反応であると結論づける。

Published online: 22 April 2011
DOI: 10.1126/science.1201686

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中