Selective, Nickel-Catalyzed Hydrogenolysis of Aryl Ethers

Alexey G. Sergeev and John F. Hartwig*

アメリカ、イリノイ大学のJohn HartwigらによるNi触媒を用いたアリルエーテル類の水素化分解反応。Ni(COD)2とNHCリガンドであるSIPr·HClを触媒として用いNaOt-Buを塩基とすることで、1気圧の水素圧下他官能基の還元を行うことなく、アリルエーテル類のC-O結合を切断することに成功。

Published online: 22 April 2011
DOI: 10.1126/science.1200437

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中