Zinc Triflate Catalyzed Aerobic Cross-Dehydrogenative Coupling (CDC) of Alkynes with Nitrones: A New Entry to Isoxazoles

Sandip Murarka and Armido Studer*

ドイツ、ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学(ミュンスター大学)のArmido StuderらによるZn(OTf)2触媒を用いたアルキン類のニトロン類との空気酸化型脱水素的クロスカップリング反応。中間体となるプロパルギルN-ヒドロキシルアミン類の空気酸化によりニトロン類へと導く。その後の変換によりイソオキサゾール類へと容易に変換が可能。

Published online: 19 April 2011
DOI: 10.1021/ol200849k

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中