Functional Analysis of Synthetic Substructures of Polytheonamide B: A Transmembrane Channel-Forming Peptide

Shigeru Matsuoka, Naoki Shinohara, Tomoaki Takahashi, Maiko Iida, and Masayuki Inoue*

東京大学の井上将行らによる膜貫通型チャネル形成ペプチドpolytheonamide Bのフラグメントを用いた機能解析。細胞毒性試験、H+/Na+交換活性試験、膜分断性試験、単一チャネル電流測定によるペプチドの長さが活性発現に必要であることを見出す。

Published online: 21 April 2011
DOI: 10.1002/anie.201101533

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中