Total Synthesis of the Protein Phosphatase 2A Inhibitor Lactodehydrothyrsiferol

Dane J. Clausen, Shuangyi Wan, and Paul E. Floreancig*

アメリカ、ピッツバーグ大学のPaul Floreancigらによるタンパク質ホスファターゼ2A阻害剤のlactodehydrothysiferolの全合成。赤色部位の構築における鍵反応として、根岸らの方法(Wipf改良法)によるメチルアルミネーション、鈴木カップリング反応、Shi不斉エポキシ化反応、エポキシニウムイオンを介した分子内エーテルの構築が挙げられる。青色部位の構築にはSharpless不斉ジヒドロキシル化反応、Shi不斉エポキシ化反応、Trostらヒドロシリル化反応によって構築。その後野崎-檜山-岸カップリング反応により両フラグメントを連結。Lilly法によるジオールの一級選択的なトシル化、角田試薬による光延反応を利用。

Published online: 21 April 2011
DOI: 10.1002/anie.201007757

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中