Ruthenium-Catalyzed Regio- and Enantioselective Allylic Substitution with Water: Direct Synthesis of Chiral Allylic Alcohols

Naoya Kanbayashi and Kiyotaka Onitsuka*

大阪大学の鬼塚清孝らのグループによるRu触媒を用いたエナンチオ選択的なアリルクロライドのアリルアルコールへの変換反応。π-アリル錯体を形成した後、系中の水が付加することで直接水酸基が導入される。

Published online: 21 April 2011
DOI: 10.1002/anie.201101078

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中