Anthranilamide: A Simple, Removable ortho-Directing Modifier for Arylboronic Acids Serving also as a Protecting Group in Cross-Coupling Reactions

Hideki Ihara, Masashi Koyanagi, and Michinori Suginome*

京都大学の杉野目道紀らによるanthranilamide(aam)基を用いたアリールボロン酸のオルト位選択的シリル化反応。aam基がボロン酸の保護基として利用でき、かつオルト位配向基として機能するすることを見出す。

Published online: 21 April 2011
DOI: 10.1021/ol200764g

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中