Highly Selective Ruthenium Metathesis Catalysts for Ethenolysis

Renee M. Thomas†, Benjamin K. Keitz†, Timothy M. Champagne‡, and Robert H. Grubbs*

アメリカ、カリフォルニア工科大学のRobert GrubbsらによるRu触媒を用いたアルケンの末端オレフィン化反応。Ru触媒のリガンドを調節することで、クロスメタセシス成績体より末端オレフィンの生成を優先することに成功。

Published online: 21 April 2011
DOI: 10.1021/ja200246e

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中