Palladium-Catalyzed Regioselective Silaboration of Pyridines Leading to the Synthesis of Silylated Dihydropyridines

Kazuyuki Oshima, Toshimichi Ohmura*, and Michinori Suginome*

京都大学の大村智通及び杉野目道紀らによるPd触媒を用いたピリジン類の位置選択的シリルホウ素化反応。シリルホウ酸エステルを作用させることで、N-ホウ素化と続くπ-アリル錯体からのPd触媒の還元的脱離により4位がシリル化される。4位に置換基がある場合は、2位がシリル化される。

Published online: 21 April 2011
DOI: 10.1021/ja2020229

10.1021/ja2020229

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中