Structure-Guided Development of Selective RabGGTase Inhibitors

Robin S. Bon, Zhong Guo, E. Anouk Stigter, Stefan Wetzel, Sascha Menninger, Alexander Wolf, Axel Choidas, Kirill Alexandrov, Wulf Blankenfeldt, Roger S. Goody, and Herbert Waldmann*

ドイツ、マックス・プランク研究所のHerbert Waldmannらによる細胞毒性の無い、選択的Rabゲラニルゲラニルトランスフェラーゼ(RabGGTase)阻害剤の設計・合成。タンパク質/阻害剤共結晶を元にVHS(virtual high-throughput screening)を適用し、実際の構造活性相関へと展開することで選択的阻害剤を発見。

Published online: 21 April 2011
DOI: 10.1002/anie.201101210

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中