Total Synthesis of (–)-Sessilifoliamide C and (–)-8-epi-Stemoamide

Adam T. Hoye and Peter Wipf*

アメリカ、ピッツバーグ大学のPeter Wipfらによる(–)-sessilifoliamide C及び(–)-8-epi-stemoamideの不斉全合成。不斉点の導入は出発原料のキラルなピログルタミン酸及び酵素分割による。鍵反応はEschenmoser-Claisen反応及びIreland-Claisen反応。

Published online: 22 April 2011
DOI: 10.1021/ol200743u

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中