Aminothiocarbamate-Catalyzed Asymmetric Bromolactonization of 1,2-Disubstituted Olefinic Acids

Chong Kiat Tan, Ling Zhou, and Ying-Yeung Yeung*

シンガポール、シンガポール国立大学のYing-Yeung Yeungらによる有機分子触媒を用いた分子内不斉ブロモラクトン化反応。5-exo環化より6-endo環化が優先する。アリール置換基のみが使用されていることが現在の適用限界か。

Published online: 26 April 2011
DOI: 10.1021/ol200840e

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中