An Expedient Synthesis of a Functionalized Core Structure of Bielschowskysin

K. C. Nicolaou,* Vikrant A. Adsool, and Christopher R. H. Hale

アメリカ、スクリプス研究所のK. C. Nicolaouらによるbielschowskysinの全合成研究。特徴的なトリシクロ[9.3.0.0]テトラデカン骨格の構築を光環化反応により達成。野依還元により得られたフラン環を有するアルコールとβ-ケトエステルとの酸化的カップリング反応と続く分子内クロスメタセシス反応によりマクロ環を構築。続く[2+2]光環化反応により高度に縮環した骨格を生成。

Published online: 26 April  2011
DOI: 10.1002/anie.201101360

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中