Concise Approach for the Total Synthesis of Pseudolaric Acid A

Tao Xu, Chuang-chuang Li, and Zhen Yang*

中国、北京大学のZhen Yangらによるpseudolaric acid Aの全合成。5員環の構築にはSmを用いた還元的ラジカル分子内環反応(ジアステレオ選択性は10:1)を、7員環の構築には閉環メタセシス反応を用いる。途中1炭素脱離反応にはCu触媒を用いた酸化的手法が用いられる。大寺らの条件を用いて6員環ラクトンを構築。

Published online: 27 April 2011
DOI: 10.1021/ol200741j

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中