The One Hundred and Fifty Year History of the Department of Chemistry, The University of Tokyo

Kentaro Sato

佐藤健太郎による東京大学理学部化学科の歴史エッセー。1861年の創立より現在までの大まかな流れを書き記す。歴代の有名な先生方も登場。日本の大学の1学部の遍歴を英語で読むのも不思議な感覚ですが、是非ご覧になってください。

Published online: 28 April 2011
DOI: 10.1002/asia.201100264

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中