Reactivity Pattern of Bis(propargyloxy) Disulfides: Tandem Rearrangements and Cyclizations

Samuel Braverman,* Tatiana Pechenick-Azizi, Hugo E. Gottlieb, Milon Sprecher

イスラエル、バル=イラン大学のSamuel Bravermanらによるビスプロパルギロキシジスルフィド類の反応。熱条件下でビスプロパルギロキシジスルフィドはジスルホキシドアレンと変換されアレンスルフィニルラジカルを生じる。置換基により生成物が異なる。

Published online: 5 May 2011
DOI: 10.1055/s-0030-1260024

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中