Scalable Synthesis of Cortistatin A and Related Structures

Jun Shi, Georg Manolikakes, Chien-Hung Yeh, Carlos A. Guerrero, Ryan A. Shenvi, Hiroki Shigehisa, and Phil S. Baran*

アメリカ、スクリプス研究所のPhil Baranによるcortistatin Aの全合成(半合成?)のフルペーパー。各反応条件がどのようにして見出されたか等、短工程に縮めるまでの結果・考察を記述。鍵工程として3級アルコールの導入及びラジカル的環拡大が挙げられる。

Published online: 3 May 2011
DOI: 10.1021/ja202103e

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中