Enantioselective Dichlorination of Allylic Alcohols

K. C. Nicolaou*, Nicholas L. Simmons, Yongcheng Ying, Philipp M. Heretsch, and Jason S. Chen

アメリカ、スクリプス研究所のK. C. Nicolaouらによる(DHQ)2PHALを用いたアリールアルコール類の不斉ジクロロ化反応。Clソースとしてはp-Ph(C6H4)ICl2を使用。安価な不斉触媒ではあるものの、反応条件下で反応性・選択性を失うのが問題点か。

Published online: 4 May 2011
DOI: 10.1021/ja202555m

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中