Gram-Scale Synthesis of Iejimalide B

Julien Gagnepain, Emilie Moulin, and Alois Fürstner*

ドイツ、マックスプランク研究所のAlois FürstnerによるIejimalide Bの全合成フルペーパー。鍵反応を以下に述べる。

  • 末端アルキンのヒドロスタニル化による低原子価スタニルクプラートの調整
  • Brownアリル化反応
  • 野依不斉還元
  • Marshallプロパルギル化反応
  • 改良型高井-内本オレフィン化反応
  • Stilleクロスカップリング反応
  • 選択的閉環メタセシス反応

Published online: 9 May 2011
DOI: 10.1002/chem.201100178

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中