Highly Regioselective Carbonylation of Unactivated C(sp3)–H Bonds by Ruthenium Carbonyl

Nao Hasegawa, Valentine Charra, Satoshi Inoue, Yoshiya Fukumoto, and Naoto Chatani*

大阪大学の茶谷直人らによるRu触媒を用いた非活性sp3C-H結合のカルボニル化反応。2-ピリジルメチレンアミン部位を利用した分子内C-H activation。CO/エチレン高圧条件と5日間の反応時間が必要。

Published online: 4 May 2011
DOI: 10.1021/ja2001709

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中